« 2008年8月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月

2008/10/31

記念日

今年で結婚25年になります。

結婚記念日は11月6日ですが、神さんの誕生日が10月31日なので花屋さんにお願いした。

何とふたつもあった。よ~く観ると一つはLics-Loft千田さんからであった。・・・・びっくりしたのだ!!

081031_192101_2

.

081031_192102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

49日法要

今日は、親父の49日法要と納骨でした。

友人のI君にお墓をお願いして、今日に間に合せていただき親族、親戚で行いました。

皆さんご存じだと思いますが、

49日とは

日本仏教的習俗では、三途の川を渡って長い旅をします。なのでお葬式の時につける装束を旅装束と呼びます、その旅の途中7日を一つの単位として7回お裁きと教えを受ける事になります。

最後に閻魔様(えんま)によって生前の行いを裁く審判があるとされています。それが終わって判決が言い渡されるのが49日目。すべての審判が終わった故人の魂は、やっとなくなった人は仏様の世界にとどたどり着くことが出来ます。

遺族も「忌明け(きあけ)」として、仏様に世界(極楽浄土)入って安心ということで日常生活に戻ることが出来ます。

そこで、最後の締めとして親戚 や故人と親しかった友人・知人と故人の功徳が報われて極楽往生できるようにと祈る法要を行います。

これが49日の法要の大まかな意味なのです

拝啓

先般 亡親父◯○○○ 葬儀に際しましては
ご多用中にもかかわらずわざわざご会葬を賜り且つご鄭重なる御厚志を賜り有難く厚くお礼申し上げます

葬儀の際は取り込み中にて万事不行届きにて申し訳なく存じております
お蔭をもちまして10月13日に四十九日の法要を滞りなく済ませることができました

茲に生前のご厚情に感謝申し上げますとともに、今後も変わらぬ ご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます

本来であれば拝眉の上お礼申し上げるのが本意ではございますが 略儀ながら書中を持ちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます

     

敬具    

 平成20年10月13日
喪主       
親族一同

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年12月 »