« 鳩舎仲間の記念すべき、第1回オフ会 | トップページ | 大手損保、保険料取り過ぎ ツーバイフォーの火災保険 »

2006/12/08

第三分野、一部販売中止へ=グループ生保に来春移管-不払い問題で東京海上日動



 東京海上日動火災保険は7日、「第三分野保険」と呼ばれる医療、がん、介護の3種類の保険のうち、契約期間10年以上の商品の新規募集を来年4月から取りやめる方針を決め、全国約6万3000の販売代理店に順次説明を始めた。販売中止に伴い、当該商品の募集はグループ内の東京海上日動あんしん生命保険に一本化。その上で、品ぞろえも簡素化する方針。これにより支払い体制を立て直し、不当な不払いの再発防止を図る。
 第三分野保険をめぐっては、東京海上日動を含む損保大手6社が今年10月、4365件(12億円)に上る不当な不払いを公表。ずさんな支払い体制に契約者らから厳しい批判の声が出ていた。今回、最大手の東京海上日動が一部商品の販売中止に踏み切ったことで、他の損保各社も抜本的な支払い体制の改善策を迫られそうだ。 

(時事通信) - 12月8日1時1分更新

各損保会社も第三分野の保険をどうするか、今後の改善対策はどうだろう・・・・・・・。

各損保会社は、契約時における重要事項説明を徹底しようと改善していますが、そもそも未払い保険金については会社責任であって、証券内容の確認業務は、会社として契約者に確認を取る義務があるのではないだろうか?・・・・・。

ところで、今回の不払問題で代理店の責任による件数は全体の何件あったのだろうか?また、その代理店の処分はどうしたのかまったく分らない。各損保会社は代理店に対して説明責任があるのではないだろうか!!

|

« 鳩舎仲間の記念すべき、第1回オフ会 | トップページ | 大手損保、保険料取り過ぎ ツーバイフォーの火災保険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89772/12981729

この記事へのトラックバック一覧です: 第三分野、一部販売中止へ=グループ生保に来春移管-不払い問題で東京海上日動:

« 鳩舎仲間の記念すべき、第1回オフ会 | トップページ | 大手損保、保険料取り過ぎ ツーバイフォーの火災保険 »