« 『カラダカラ健康診断』、のサイトを見つけました! | トップページ | 鳩舎仲間の記念すべき、第1回オフ会 »

2006/12/02

代理出産、法務・厚労省、学術会議に審議要請

 法務・厚生労働両省は30日、日本学術会議に対し、生殖補助医療に関する法整備に向け、代理出産の是非など生殖補助医療のあり方、出生死の法律上の親子関係についての審議を要請した。
政府は答申を得たうえで、生殖補助医療に関する法案などの取りまとめ作業に入る考えだ。
学術会議は、医療を始め、生命科学、法律など幅広い分野の有識者十数人による専門委員会を早期に設置し、議論をスタートさせる方針だ。

代理出産の是非以外にも、
①精子を人工的に女性の体内に注入する人工授精
②体外で精子・卵子を受精、分割させて、受精卵を子宮内に移植する体外受精などについても議論する。

1年をメドに議論をとりまとめたいとしている。

学術会議の金沢一郎会長は「代理出産を中心に鋭意審議を行う」とのコメントを発表した。
塩崎官房長官は30日夕の記者会見で「(代理出産などは)かなり幅広い倫理的な課題とか問題があり、すぐに答えが出るようなことではないと思う」と述べ、同会議の議論を慎重に見守る意向を示した。

読売新聞 2006年12月01日 朝刊


最近の医療の最新技術に対して、法律が遅れている現実を一日でも早く解消すべきことであると思います。
どこかの大学で代理出産についてのデータで「賛成7割だが自分だったら3割する」と言う結果が発表されたが、データを見ると、今の若い人の考え方であって、決して自分が子供を生むことが出来ないとした場合や、生むことが出来ない方の意見ではない。
今の若い人は、現在も進行している小子化問題を今後どのように考えいるのだろうか?
代理出産について意見は色々賛否・・・・・・・・でしょうが。

|

« 『カラダカラ健康診断』、のサイトを見つけました! | トップページ | 鳩舎仲間の記念すべき、第1回オフ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89772/12899029

この記事へのトラックバック一覧です: 代理出産、法務・厚労省、学術会議に審議要請:

» 代理出産について [ひなブログ]
厚生労働相が、国民世論の動向をみて代理出産の禁止を再検討・・・ [続きを読む]

受信: 2006/12/16 11:43

« 『カラダカラ健康診断』、のサイトを見つけました! | トップページ | 鳩舎仲間の記念すべき、第1回オフ会 »